なぜByteballなのか?

リスクのない条件付きスマート決済

Byteballでは従来の通貨ではできないことができます: 条件付き決済

あなたは受取人がいつお金を受け取るかという条件を設定します。条件が満たされない場合は、返金されます。

P2P保険

ネガティブなイベントに対するヘッジ。

ピアから保険を購入し、ネガティブなイベントが発生した場合に支払いを受けます。利益を得るために保険を売ります。

保険は — 問題となるイベントが発生したときに被保険者がロックを解除でき — そうでなければ保険者が解除できるシンプルなスマートコントラクトに過ぎません。

フライトの遅れに対する保険として、Slack#p2p_insuranceチャンネルで相手を見つけてコントラクトを作成し、フライトの到着が遅れた場合は、フライト遅延のオラクルとチャットして遅れに関するデータを送信し、コントラクトのロックを解除します。

予測市場

将来のイベントを正確に予測してお金を稼ぐ。

特定のイベントが発生したときにロックを解除できるP2Pスマートコントラクトを作成します。 価格変動への賭け、スポーツくじや保険に使用できます。

相手をSlack#prediction_marketsチャンネルで見つけましょう。

P2Pゲーム

スポーツイベントで他のユーザーとゲームをしましょう。

Slack#prediction_marketsチャンネルで相手を探し、将来の試合の結果に応じてあなたかピアがロックを解除できるコントラクトを作成します。

結果がわかったら、スポーツオラクルとチャットして、結果のデータを送信しコントラクトのロックを解除します。

チャット内のP2P決済

同じアプリ内のリンクをクリックするだけで、チャットと支払いができます。

チャットBot

人と話すようにBotと会話できます。

商店のBotとチャットして買い物をし、2回のクリックで支払うことができます。対話型インターフェースでは、取引所や他のサービスも使いやすいです。

Botストア

内蔵されたBotストアで、新しいチャットBotを簡単に見つけることや追加する事ができます。

開発者は、BotストアでチャットBotを公開することにより、すべてのユーザーにすぐにアクセスすることができます。 チャットBot開発者ガイドを見てください。

追跡不可能な通貨: Blackbytes

現金のようなプライバシー。

完全なプライバシーが必要な場合は、現金のような追跡不可能な通貨Blackbytesで支払うことができます。その取引は公開データベース上では見ることができず、代わりにP2Pで送信されます。

ウォレットから直接に内蔵TORスイッチを使用すると、プライバシーをさらに高めることができます。

ユーザーの助け合い

お互いの取引をセキュリティ保護します。

中央ですべての決済を保管し処理するものは存在しません。 代わりに、ユーザーによって作成されたトランザクションは、暗号化されて相互にリンクされます。あなたが新しいトランザクションを追加すると、他のユーザーはその上に新しいトランザクションを追加し始め、トランザクションにリンクするトランザクション数が雪だるま式に増加します。 (これがByteballという名前の理由です)

コア機能

アトミックエクスチェンジ

二人の当事者がトレードを実行する1つのユニットに署名するとき、2つのトランザクションは同時に発生するか、両方とも発生しないかのどちらかです。 集中管理された取引所を信用する必要はなくなりました。

規制アセット

規制機関はKYC/AMLの要請に適合するアセットを発行することができます。 そのようなアセットのすべての転送は発行者によって連署されなければならず、規制に違反するものがあれば、発行者は連署しません。

マルチシグ

セキュリティのために、あなたの資金を消費する際にノートPCや携帯電話などから複数の署名が必要となるようにすることができます。 資金の共有管理のために、複数の人の署名が必要となるようにもできます。

オンチェーンオラクル

信用していない相手と取引する場合は、信頼できるデータプロバイダ — オラクルによってデータベースに登録されたイベントによって、あなたか相手のどちらかが消費可能となるアドレスに資金をロックすることができます。

不変なストレージ

データが一度Byteballデータベースに格納されると、修正も削除もできなくなります。

ファイナリティ

一定の基準が満たされると、新しいトランザクションが確定します。それは強力な攻撃者であっても変更することはできません。適切な確認数を推測する必要や、51%アタックはありません。

Byteballウォレットの入手

公平な初期分配

次回の無料配布 (仮): DATE

0

0

時間

0

0

BTCとByteの保有者に無料で分配します。

広く普及させるには幅広い分配が必要であり、98%のbytesとblackbytesは無料で配布されます。

Bytesの一部は 提携加盟店の店舗での購入に対してキャッシュバックとして分配されます。 ほとんどの場合、購入額の10%がキャッシュバックされます。 店舗または入金処理事業を経営していて、キャッシュバックプログラムに参加したい場合は、申請書に記入するか、またはお問い合わせください

その他の分配は複数のラウンドにわけて実施され、各ラウンドでBTCとBytesのホルダーに与えられます。 受け取る数量は、配布日のBTCとBytesの証明済み残高に比例します。これは11月のラウンドのルールです:

  • 16BTC毎に0.1GB (1 gigabytes = 10億bytes) の受け取り
  • 1GB毎に追加で0.1GBの受け取り

残高を証明するには、ウォレットをインストールし、Transition Botとチャットします (ウォレットのBotストアにあります)。 Botはマイクロペイメントや署名付きメッセージでビットコインやByteballアドレスをリンクします。

また、リンクされたBTC残高とリンクされたByteballアドレス上のBytesに比例してblackbytesを受け取ることができます。

最初の分配ラウンドはネットワークが開始された2016年12月25日に実施されました。70,000 BTC以上がリンクされ、bytesとblackbytesの総供給量の10%が分配されました。 その後のラウンドでは、分配済み供給量は58.4%に達しました:

  • 第2ラウンド 2017年2月11日: 121,763 BTCがリンク、1.8%を配布
  • 第3ラウンド 2017年3月12日: 129,139 BTCがリンク、2.0%を配布
  • 第4ラウンド 2017年4月11日: 145,441 BTCがリンク、2.3%を配布
  • 第5ラウンド 2017年5月10日: 207,672 BTCがリンク、2.9%を配布
  • 第6ラウンド 2017年6月9日: 453,621 BTCがリンク、6.6%を配布
  • 第7ラウンド 2017年7月9日: 949,004 BTCがリンク、11.0%を配布
  • 第8ラウンド 2017年8月7日: 1,395,899 BTCがリンク、16.0%を配布
  • 第9ラウンド 2017年9月6日: 1,306,573 BTCがリンク、5.7%を配布
  • 第10ラウンド 2017年11月4日: 1,093,155 BTCがリンク、6.1%を配布

第11ラウンドは3月の満月(2018年3月2日 00:51 UTC)に仮予定されています。 残高はこの日の後の最初のビットコインブロックでスナップショットされます。このラウンドのルールは上に書いたとおりです。 他の分配方法の進捗により、このラウンドを延期または中止することがあります。

ビットコインとByteballアドレスをリンクするためにTransition Botとチャットし、参加してください。リンクの状況はtransition.byteball.orgで確認できます。

完全に新しい技術

無限のスケーラビリティ、高速な確認、マイナー不要、ブロック不要、低料金。

Byteballデータはブロックチェーンではなく、有向非巡回グラフ (DAG) に格納、順序付けされます。 これによりすべてのユーザーは、他のユーザーが作成した以前のデータユニットを参照することで、それぞれのデータを守ります。また、一般的なブロックチェーンのブロックサイズ問題のようなスケーラビリティ制限を排除しました。

ブロックレスの設計は、ブロックがなくトランザクションだけがあるためシンプルです。 ユーザーはDAGの末尾に自身のトランザクションを追加するだけで、マイナーが新しいブロックを作成するのを待つことや、、マイナーがブロックに自分のトランザクションを含めるかどうかを推測する必要はありません。

二重支払いを防ぐためのコンセンサスアルゴリズムは、DAGの内部で全順序を確立することに基いています。 これはメインチェーンと呼ばれるチェーンを選択することで達成されます。メインチェーンは一般に評判の良いと認識されるユーザー — witnessによって発行されたユニットに向かって引き寄せられます。 詳細はホワイトペーパーを見てください。

テストネット

開発者の方、またはお金を使うことなくByteballの機能を体験したい方は、テストネットウォレットが利用可能です。

コミュニティとサポート

SlackのByteballに参加してください! 活発な議論を交わすチャンネルが多数あります。ほんの数例を挙げると将来の開発、トレード、オークションなどがあります。 Byteballウォレットで何か問題があった場合、有能なサポートスタッフが#helpdeskチャンネルで対応いたします。 メンバーから招待状を手に入れてください。

取引所

トレーディングBotとチャットすることでウォレットを離れることなくbytesの売買が可能です。 また、BittrexCryptoxCryptopiaChangellyBitsquareの取引所でもトレード可能です。

blackbytesを売買するには、Slack#trading_blackbyteチャンネルでオーダーを見たり掲示したりし、 条件付き決済を使ってピアツーピアで取引します。

Bittrex Cryptox Cryptopia Changelly bitsquare Kaiserex Cryptochangex